アイシングでストライプを絞る

アイシングでストライプを絞る

ストライプは、まっすぐとして同じ幅で絞った模様のことです。ストライプは矢絣模様やチェック柄のベースとなりますので、きちんと絞れると応用がききます。

用意する材料、つかうアイシングの固さ、ストライプの絞り方とコツを説明します。

アイシングをつかったストライプの絞り方を説明します。

用意するもの

  • ロイヤルアイシング
  • アイシングカラー

そのほかの基本的な道具はこちらをご覧ください

ロイヤルアイシングの固さの調整のしかた
クッキー生地、ロイヤルアイシングやコルネといったアイシングクッキーを作るのに基本的に必要な道具を紹介します。 クッキー生地、コルネ、ロイヤ...

アイシングの固さ

今回は白と赤の2色のアイシングを使い、白色でストライプを絞ります。

ボウルにロイヤルアイシングを入れ、ベース用のアイシングと同じ固さに調節します。

アイシングを上から落とし、アイシングの筋が5秒以内消えるくらいがちょうど良い固さです。

アイシングでストライプを絞る

固さが決まったら、アイシングの半分を別のボウルに入れ、それぞれに好みの色を付けます。(今回はひとつに赤に着色し、もうひとつは色を付けずに白色にしています)

コルネにそれぞれのロイヤルアイシングを詰めます。これで2つのアイシングの濃度が同じになります。

コルネの先を切ります。

コルネの先を太く切ると大きな太いストライプが絞れ、小さく切ると細いストライプができます。好みの大きさでかまいません。

ストライプの絞り方

クッキーにベース用のアイシングを塗ります。

アイシングでストライプを絞る

乾かないうちにすぐに次の作業にうつります。

ストライプを絞ります。左から右方向にむけてまっすぐと横線を絞ります。

アイシングでストライプを絞る

アイシングクッキーの中央から絞っていくと、全体のバランスがとれやすくなります。

ゆるめのアイシングですので、コルネの力の入れかたには注意しましょう。力を入れすぎるとアイシングがたっぷりと出てきます。

真ん中に絞ったラインの上下に1本ずつ絞ります。

アイシングでストライプを絞る

さらに、その外側にラインを引きます。

アイシングでストライプを絞る

クッキーの大きさと、ラインの間隔によって絞る本数がことなります。あらかじめ何本ラインを絞れるかをイメージするとよいでしょう。

同じ幅、同じ太さで絞るとキレイにみえます。

絞る順番をまとめます。

  1. アイシングクッキーの真ん中に、左から右方向にむけて直線を引きます。
  2. その中央のラインの上下に直線を絞ります。
  3. さらにその直線の外側にラインを絞ります。

ストライプを絞るコツ

  • ベースとラインのアイシングの固さを同じにする
  • ベースが乾かないうちにラインを絞る
  • 中央から絞り始める
  • ストライプの太さや幅は同じにする

アイシングの固さが異なると2色のアイシングの色がにじんだり、色が流れたりしてしまう原因となります。また、表面のアイシングが乾いてしまうと、ストライプ部分が盛り上がってしまいます。

中央のラインから絞りはじめて、線の太さや幅を同じにするとよりキレイにみえるアイシングクッキーができあがります。