アイシングクッキーが絶対に割れないような箱の詰めかた

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

アイシングクッキーは特別な日に大切な人のために作ることがあります。なので、宅配便として送ることもあります。

そんなときに心配なのが、アイシングクッキーが割れないかどうかです。

今回は、アイシングクッキーが割れないように梱包して発送する箱の詰めかたを紹介します。

個別包装したアイシングクッキーを梱包する方法

まずは、個別に袋に入れたアイシングクッキーを箱に詰める方法です。りぼんをしていないラッピングに使えます。

用意するもの

  • 個別包装したアイシングクッキー
  • ダンボール
  • エアパッキン(プチプチ)
  • セロハンテープ
  • ガムテープ
  • 送り状・壊れ物シール等:宅配会社にあります

段ボールは大きすぎないサイズがおすすめです。(80〜120cmサイズ)

エアパッキン(プチプチ)は多めにつかいます。

アイシングクッキーを箱に詰める

エアパッキンを切ります。アイシングクッキーの縦よりも2cmほど大きく、横は3倍の長さに切ります。

アイシングクッキーを1枚おき1回転させ、もう1枚クッキーをのせてぐるっと巻き、テープを貼ります。

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

心配であれば、エアパッキンをもう1周させましょう。これでキャッチボールしても割れません。

段ボールの底と側面にエアパッキンを敷きます。そこに巻いたアイシングクッキーを並べます。

リボンラッピングしたクッキーを梱包する方法

つぎは、アイシングクッキーを個別包装してリボンラッピングしたものを梱包する方法です。りぼんをしているので、上記のようにぐるぐる巻きにすることはできません。

段ボールの底にエアパッキンを2枚重ねて敷きます。

エアパッキンを縦に置き、その間にクッキーを並べていきます。クッキー同士が当たらないようにしましょう。

一列並べたら、エアパッキンを縦に置き、その間にアイシングクッキーを並べていきます。

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

並べ終えたら、エアパッキンを上にも置きます。

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

発送の仕方

段ボールにアイシングクッキーを詰め終わりました。

段ボールの上部に隙間があれば、紙を丸めたものやエアクッションなど詰めます。

段ボールに隙間があると、アイシングクッキーがずれて割れる原因となります。隙間ができないようにぎゅうぎゅうに緩衝剤を詰めます。

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

段ボールの蓋をして、ガムテープで留めます。送り状を貼り、「こわれもの」や「この面を上に」といった注意を促すシールも貼ります。(これらのシールは配送会社にあります)

アイシングクッキーが絶対に割れないように梱包する箱の詰めかた

これで、発送の準備ができました。

ちなみに、アイシングクッキーを送る際は常温で送ります。冷蔵にする必要はありません。