アイシングクッキーを作る道具をそろえよう

ロイヤルアイシングの固さの調整のしかた

クッキー生地、ロイヤルアイシングやコルネといったアイシングクッキーを作るのに基本的に必要な道具を紹介します。

クッキー生地、コルネ、ロイヤルアイシング、アイシングを絞る際にそれぞれ必要な道具を説明します。

家庭で通常使っているものを使うこともできますし、あると便利な道具もあります。道具をどんなときに使うのか、道具の選びかた、代用品になるものも合わせて説明します。

クッキー生地を作る道具

通常のクッキーを作るときに使う道具でかまいませんが、きれいで平らなクッキーにするために使うと便利な道具もあります。

クッキー生地を作るのに必要な道具です。

  • はかり
  • ボウル
  • ゴムベラ
  • スケッパー/ドレッジ
  • カットルーラー
  • めん棒
  • クッキー型
  • ラップ
  • クッキングシート
  • シルパン
  • オーブン

これらのアイシング用のクッキー作りに必要な道具はどのような時に使うのか、代わりに使えるもの、道具の選びかたを紹介します。

はかり

アイシングクッキー作りには1g単位の細かい重さを量ることがありますので、できれば電子秤(デジタルスケール)を選ぶといいでしょう。

デジタルの秤がない場合はアナログのものでもかまいませんが、秤がないとアイシングクッキー作りができませんので必ず揃えてください。1,000円くらいでありますので一台持っておくとよいでしょう。

ボウル

ボウルの大きさは25cm前後(24cm−27cm)のものが使いやすいです。素材はガラス、ステンレス、プラスチックなどでどんなものでもかまいません。家にあるもので使えます。

クッキー作り以外にもアイシングを作る際にも小さめのサイズのボウルが必要になりますので、大きさ違いのボウルを用意しましょう。

スケッパー/ドレッジ

クッキー生地をほぐしたり、集めたりする際に使います。台にくっついた生地を削げとるのに便利です。

ルーラー

ルーラーとは、クッキー生地を均一の厚みに伸ばすときに使うアルミやアクリルなどの素材でできた棒のことです。

2本1組で使用し、棒の間に生地を置き、めん棒で伸ばします。

厚さ5ミリがアイシングクッキーに適していて、割れにくいクッキーになります。

表面が平らだときれいなアイシングを塗ることができるため、アイシングクッキーには欠かせないの道具です。クッキー生地をなるべく簡単にきれいに作るためにもぜひ揃えてほしい道具です。

めん棒

クッキー生地を伸ばすのに使う道具です。

直径が太く、長さがあるほうが力を加えすぎずに伸ばしやすくなります。直径35mm程度、長さ40cmほどが使いやすいサイズです。

シルパン

シルパンとはグラスファイバーをシリコン加工したマットのこと。クッキー生地がだれることなく、生地が水平に持ち上がり、均一な焼き色がつきます。余分な脂分も落ち、さくさくとした食感に焼けます。

オーブンシートとして繰り返し利用でき、オーブン板の上に敷き、その上にクッキーを置いて焼きます。

少し値段が高めですが、クッキーの焼き上がりがぜんぜん違ってきますので持ってるとクッキーの出来映えが違ってきます。繰り返し長く使えるため、オーブンシートを都度取り替えるよりかは便利です。

ない場合は、紙製のオーブンシートでもかまいません。

コルネを作る道具

  • OPPシート : 15cm×15cm / 20cm×20cm
  • セロテープ
  • カッターナイフ(はさみ)

セロファン紙とは、透明の薄いフィルムのこと。

15cm×15cm、または20cm×20cmサイズが扱いやすいです。水分を吸収しないので、ラインが引きやすく長持ちします。

正方形サイズ↓

アイシングクッキー用にあらかじめ三角に切られているOPPシートもあります。

すでにコルネ状になっているコルネもあります。初心者やコルネを作るのが面倒な方におすすめです。

ロイヤルアイシングを作る道具

アイシングを作るのに必要な道具です。

  • ボウル
  • ゴムベラ/パレットナイフ
  • スプーン

ボウル

アイシングを混ぜるときに使います。作るアイシングの量に応じた大きさのボウルを選びます。

アイシングの粉糖などを入れてもこぼれないくらいの大きさを選びます。20cm前後の大きさが目安です。

ゴムベラ/パレットナイフ

ゴムベラやパレットナイフは粉糖と水をを混ぜたり練ったりする際に用います。ない場合はスプーンで混ぜることもできます。

パレットナイフはアイシングを練る時やすくうときに使います。いずれ必要になってくるため、最初に揃えておいておくと便利です。刃はまっすぐしていて、長さが15cm以下だと扱いやすいです。

細めのゴムベラがあると少量のアイシングを練ることもできます。一本持っておくと便利です。

アイシングを絞るときに必要な道具

  • コルネ
  • セロファンテープ
  • はさみ
  • パレットナイフ
  • コップ
  • けがき棒

パレットナイフ

パレットナイフはコルネにアイシングを入れる際や少量のアイシングを練る際に用います。

刃の幅が小さく、長さが10cm程度だと扱いやすいです。あまり製菓道具店も売られていないのですが、下記写真のような小さめサイズのパレットナイフが使いやすいです。

コップ

コップはコルネを立てておくために用います。家にあるものでかまいません。

トレー

トレーはアイシングを絞った後のクッキーを並べて乾燥させる際に用います。平らなトレーに置くと、アイシングが偏りません。

大量のアイシングクッキーを作る場合、乾燥させる場所が必要ですのでトレーがあると便利です。

けがき棒

けがき棒とはとがった先の金属の棒のことです。アイシングのベースを塗る際の気泡抜きや細かい修正などに使える万能な棒です。

応用になると、イラストを転写するときなどに使います。

アイシングクッキーでは細かい作業が多いですので、一本あるとすごく便利です。慣れないと使いにくいので、最初のうちはつまようじで代用してもよいです。

以上、アイシング用のクッキー生地の道具の紹介でした。

アイシングクッキー作りは細かい作業や気をつかう作業が多いです。道具をあらかじめ揃えて、失敗や作成中のイライラを避けるようにしましょう。

また、初心者の方はなるべく手間のかからない簡単な道具を使うと、スムーズにアイシングクッキーが作れるようになります。作り始めのころに、コツがいる作り方をしてしまうと、長続きしません。