アイシング用のクッキーが平らになる焼き方

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

アイシング用のクッキー生地を作ったら、冷やして、生地をほぐして、伸ばし、型抜きをして、焼いていきます。

アイシングの場合、平らでなめらかなクッキー生地が理想です。理想の生地を焼くために気をつけてほしいポイントを説明します。

クッキー生地を冷やす

クッキー生地ができあがったら、ラップで密封させて冷蔵庫で冷やします。生地の中に含まれるバターがだれるのをふせぐためです。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

1時間以上休ませます。生地を平たく薄くすると冷やす時間が短くすることができます。

クッキー生地のほぐす

次は、クッキー生地をほぐしていきます。

冷蔵庫に入れていたクッキー生地はバターが冷たく固まっているため、そのままだと生地が伸ばしにくく、焼成後に割れやすくなります。

ほぐすことでクッキー生地が伸ばしやすくなり、生地の中の空気が抜け、焼成時に生地の浮き上がりやムラがなくなります。

手のひら大の大きさのクッキー生地を作業台にのせます。生地の量が多いとほぐしにくくなります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

手のひらをクッキー生地につけ、前方に滑らせるように生地を伸ばします。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

生地を滑らせた後は下記写真のようになります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかたこれを3〜4回おこないます。生地の塊がなくなれば完了です。生地をまとめます。

手の熱が生地に伝わらないように手早く行うようにしましょう。熱が伝わると生地がだれてきます。

下記写真がほぐした後のクッキー生地です。

クッキー生地を作った直後は下記写真のように粉が残っている状態です。

下記写真はほぐす前の生地。ほぐす前の生地と比べるとなめらかになってつやが出ているのが分かります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

クッキー生地を伸ばす

次に、クッキー生地を伸ばしていきます。

ほぐした生地をすぐに使い、生地の温度が上がらないようにすばやく行います。

作業台の上にクッキングペーパーを敷き、その上に生地をのせます。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

生地の両端にカットルーラー(5mm)を置き、上にラップをかけます。

めん棒を使い、生地を前後に伸ばします。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

一方の方向を伸ばし終えたら、クッキー生地の方向を90度変えます。生地を縦横から伸ばすことにより、均一な厚さの生地ができます。

クッキングペーパーとラップを敷いたまま、冷蔵庫で20分ほど冷やします。

冷蔵庫で冷やすことにより、バターが再度固まり、型抜きがきれいにできるようになります。

このくらいのタイミングでオーブンの予熱(170℃)をはじめてください。この後、クッキーの型抜きをしたら、オーブンで焼きはじめます。

クッキー生地を型抜きする

続いて、クッキー生地を型抜きします。

冷蔵庫から出した生地のラップを剥がします。クッキングペーパーは敷いたままでかまいません。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

クッキー型を生地の上に置きます。端っこから型抜きすると生地の無駄がなくなります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

クッキー型に手のひらを置き、真上から力を加えます。冷やした生地は固くなっているため、指だけで押すと生地がよれてしまうことがあります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

型から生地を外します。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

下記写真のように、端がシャープに切れているのが分かります。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

クッキー生地を焼く

オーブン板にシルパンやクッキングペーパーを敷き、その上に型抜きしたクッキー生地を並べます。生地と生地の間は1cm以上あけるようにしましょう。

170℃のオーブンに入れ15分ほど焼きます。

焼成時間の目安は15分ですが、オーブンによって熱の出方や、クッキーの大きさにより焼成時間が異なるため、ご自身で時間調整をしましょう。

全体的に薄く焼き色がついたら焼き上がりです。

下記写真のようにクッキー生地の端が直角になっていて、表面が平らになっていたら完璧です。

アイシング用のクッキーが平らになる焼きかた

これで、クッキー生地が焼き上がりました。