アイシング用のクッキー生地がぐっと美味しくなる材料の選び方

アイシング用のクッキー生地の材料の選び方

アイシング用のクッキーは小麦粉・バター・砂糖・卵の4つで作ります。アイシング自体も砂糖しかしませんので、クッキーが味の決め手となります。

ですので、クッキーには良質な材料を使うとおいしくなります。クッキー生地につかう材料の選びかたを紹介します。

手作りのアイシングクッキーを大切な方へプレゼントする際に参考にしてほしいです。

クッキー生地の材料

  • 薄力粉
  • バター
  • 砂糖

それぞれどんな素材を使うと良いのかを説明します。

薄力粉

さまざまな種類の小麦粉があり、クッキー生地に適している小麦粉もあります。

クッキーに合うのは「ドルチェ」「クーヘン」といった種類の小麦粉といわれています。いずれも北海道産の小麦で、食感はざくざくとして、香ばしいく小麦の香りを強く感じます。

ドルチェ

クーヘン

スーパーで売られている小麦粉は柔らかく香ばしさが弱いです。

クッキーの食感と味は小麦粉の質が決め手となります。なるべくよいものを使うとおいしいクッキーができます。

バター

クッキー生地にバターを用いると、焼いた後のクッキーの香りがよくなります。

さらに、発酵バターを用いると香りが高く、バターの風味が強くなり、クッキーのおいしさが増します。焼いた直後だけでなく、長く香ばしいバターの香りが続くのも特徴です。

おすすめなのは高千穂発酵バターです。高千穂発行バターは南九州・霧島山で育てられた乳牛の新鮮な生乳を使用し、ヨーロッパの伝統的な製法でていねいに作った希少価値の高いバターです。味わい深いさと香りが長時間続き、食べるときにもバターの風味を感じることができます。普通のバターと比べると美味しさがぜんぜん違います。

また、バターには有塩と無塩があります。有塩バターにはバターの重さの1%の塩が入っています。クッキー生地が甘いだけでなく、ほのかな塩味を感じれ、甘塩っぱいクッキーになります。

有塩・無塩は好みで選んでいただいてかまいません。

砂糖

クッキー生地は水分の少ない生地のため、粒の大きなグラニュー糖を使うと砂糖が溶けないことがあります。グラニュー糖が溶けないと、クッキー焼成後に砂糖の粒が残り、見た目にも悪いし、食感もよくありません。

スーパーに置いているグラニュー糖は粒が大きめです。砂糖を加えて混ぜる際によく混ぜ合わせると粒が溶けます。

気になる方は細目グラニュー糖という粒の細かいグラニュー糖を使うことをおすすめします。

手に入りにくい場合は、上白糖でもかまいません。生地に溶けやすく、スーパーでも簡単に手に入ります。

卵はクッキー生地の味などに影響は与えにくいので、手に入るものでかまいません。ただ、卵に大きさに違いがあるので注意してください。

当サイトのレシピではMサイズの卵を使っています。例えば、Sサイズの卵だと水分不足で乾燥した生地ができますし、LLサイズだと水分が多すぎてゆるい生地ができてしまいます。

卵のサイズと大きさ

  • LLサイズ:70g〜76g
  • Lサイズ:64g〜70g
  • Mサイズ:58g〜64g
  • MSサイズ:52g〜58g
  • Sサイズ:46g〜52g
  • SSサイズ:40g〜46g

[ 日本卵業協会 http://www.nichirankyo.or.jp/qa/iro.htm ]

ぜひ、良質な材料をつかってアイシングクッキーを作ってみてはいかがでしょうか。贈られた方にも喜んでもらえるはずです。