アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

必要な道具や材料、クッキーの焼き方、アイシングの固さ調整、野球ボールの作り方を解説します。

作るのも比較的簡単で、フリーハンドで作ることができます。野球ボールがかわいく見えるコツも紹介しています。

作業時間だけであれば1時間ほどですが、乾燥時間を含めると7時間ほどかかります。

必要な道具・材料

  • クッキー生地
  • クッキー型:直径6cmの丸型
  • ロイヤルアイシング
  • アイシングカラー:黒・赤

そのほかの基本的なクッキー生地やアイシングに必要な道具はこちらをご覧ください。

ロイヤルアイシングの固さの調整のしかた
クッキー生地、ロイヤルアイシングやコルネといったアイシングクッキーを作るのに基本的に必要な道具を紹介します。 クッキー生地、コルネ、ロイヤ...

直径6cmほどの丸型のクッキーが絞りやすい大きさですが、大きさが違っても作り方は同じです。

下記のような大きさの違う丸型を持っておくと便利です。

クッキーを焼こう

クッキー生地を作ります。作り方はこちらをご覧ください。

アイシング用のクッキー生地の作り方
アイシングでつかうクッキーは平らでなめらかな生地が理想です。ベースとなるクッキー生地がデコボコとしているときれいにアイシングが絞れません。また、...

クッキー生地を伸ばす始める頃にオーブンを170℃で予熱しはじめます。

クッキー生地を伸ばし、丸型のクッキー型で型抜きします。クッキー生地をシルパン(オーブンシート)を敷いたオーブン板に並べます。170℃のオーブンに入れて、15分程度焼きます。

アイシングを作ろう

作るアイシングは以下の通り3種類です。

  • 白(枠用固め)
  • 白(ベース用ゆるめ)
  • 赤(ライン用固め)

ひとつのボウルで一気にアイシング用コルネを作っていきます。

ボウルにロイヤルアイシングをスプーン3杯分くらいの量を入れ、練ります。固いようであれば、水を1滴ずつ加えて固さを調整します。

文字ありロゴのアイシングクッキーの作り方
ロイヤルアイシングはラインを絞るための固め、ベースを塗るための柔らかいものの2種類があります。 固さの調整もアイシングクッキーをきれいに作...

パレットナイフでアイシングをすくってもすぐに垂れず、しばらくすると重さにより落ちる状態がちょうどいい固さです。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

固さが決まったら、コルネに詰めてテープで閉じます。

次に、ゆるめのアイシングを作ります。残ったアイシングに水を加えて、ゆるめの固さに調整します。

アイシングを上から落とし、アイシングの筋が5秒以内消えるくらいがちょうど良い固さです。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

アイシングの1/2量をとり、コルネに詰めます。(白色のアイシング)

残ったアイシングに赤色のアイシングカラーで色を付けます。それをコルネに詰めます。(赤色のアイシング)

これで、使用するロイヤルアイシングの準備ができました。

野球ボールのアイシングクッキーの作り方

白色の固めのアイシングで丸いクッキーの外枠を絞ります。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

内側に白色のゆるめのアイシングを塗ります。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

1時間ほど置き、表面を乾燥させます。

赤色の固めのアイシングのコルネの先を1ミリ程度に切り落とします。塗って乾かしたアイシングクッキーの上に、曲線を2本絞ります。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

曲線との感覚は少しあけておきましょう。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

コルネの先をさらに1ミリほど切ります。2ミリくらいの直径になるように切ります。

先ほど絞った曲線にそって、しずくを連続して絞ります。絞りは2つが重なるようにし、ハート♥に見えるように絞りましょう。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう
しずく形のアイシングの絞り方
しずくの形のアイシングの絞り方を説明します。 涙や雨などのデザインなどとして使えます。また、しずくの形を連続して絞るとフリル状になり、斜め...

しずくの根元にぐっと力を入れて絞り、しずくの球を大きくするとかわいく見えます。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう

絞り終えたら、4時間以上置き乾燥させます。ベースを乾かした時の時間と合わせて6時間以上であれば、完全に乾いています。

アイシングクッキーで野球ボールを作ろう